欧州バルセロナレベルを超えるために、日本サッカーがどうなるか

では面ではなく、点で合わせるサッカーをしているので、1人でもついていけない選手がいると成立しなくなつてしまう。ビジョンが壤れてしまうんです。バルセロナの強みは全員が発想を共有していること。筑 波でもまだ人数は限られていますが”だんだんと共有できるようになってきました。でも、練習ではできているのに、試合では1度のミスでボールを扱う技術に自信が持てなくなり、パスを受けたがらなるということも起こる。そうするとやつばりチチームが成り立たなくなる。そこは心を扱う技術でもあるので、経験を積み、常に高めていくしかありません」

では、バルセロナを本気で超えるとしたら、いったい日本サッカー選手の何が武器になるのか?その鍵は、国民性にある。

よく日本サッカー界では、選手が指示を守りすぎて、型にはまってしまうと言われる。間違ってはいないだろう。リスクを冒す選手が少ないのは、日本の大きな問題点だ。だが風間は”言われたことに姿勢”にこそ、大きな可能性が眠つていると考えている。「日本サッカーは自分で考えて間題に取り組むのが得意なので、発想さえ与えてゃれば、すごく変化を起こしやすい。そういう学生たちを、筑波で何人も見てきた。実は日本人というのは分たちが気がついていないだけで、すごくがあるんじゃないでしょうか」

バルセロナのゴール前での崩しには意外に甘さがある風間は、大学生たちの劇的な変化を目の当たりにし、今までは漠然としていた”日本サッカーが世界一になる”というが、現実の物として見えるようになつてきた。「今バルサとおいなく世界でトッブのチームですが、ゴール前での壊しとなると、意外に甘さがある。

バルセロナ前で人を外すことに関して、もっとみんなが厳密に、緻密にプレーする余地がある。今のバルサは中雜でのシャビ、イニエスタ、メッシの崩しに頼つていて、他の選手がゴール前で(ペナルテイボックスのたりのスぺースに走り込んでいることが多い。もっと人を外せば、もっと中央からも崩せる。日本人ならば、そういミまで全員が意識して、もっとゴール前でフリーになれると考えています」

実際筑波ではそれを実践した。Jリ1グのクラブとの練習試合で、MFの八反田康平へ現.清水5パ ルス)が中央でボールを受けた瞬間、2トップの赤崎秀平と灌沼褒、清水足スパルスに加入することが決定)、MFの上村岬と曽我敬紀が同時に相手を外してフリーになって、スヵゥトたちが『起こったかわからない」と目を丸くするのは日常茶飯事だった。「突破つていうのは簡単に言うと、トリブルと縦パ篥r^;ルースじかないでも、これを組み合わせると無限になるんですよ。日本サッカー選手は意識すれば、ゴールが決まるまでそれをやり練けるとができるはず。

最近は日日本人だけを集めた方が、いいチームができるんやなかと思っているくらいです」

普通の感覚ならば、大学サッ力ーでめ出来事を例にバルサをこえてやるう」などと考えることは、あまで思いつきもしないだろう6だが、風間にとってはごく自然を発想なのだ。常識を疑い、その”

嫌限りの正解ではなく、普遍的な”絶対”を追求しでき者に

日本サッカーはル—ルを守る反面、とことん道を究め上うどする追求心とデイチイ—ルにだわれる厳密さがある。発想さえ持てば、まだまだ時間はかかるかもしれないが、バルセロナを超えることも不可能ではない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です